おかげさまで10周年ありがとうございます![インプラス株式会社] 中小企業の生産管理ならPROKANにおまかせください!

中小企業のための生産管理システムPROKAN(プロカン)
生産管理システムPROKAN TOP > こんなこともできます

生産管理システムPROKANで、こんなこともできます

生産管理システムPROKANは、カスタマイズによって、多くの機器やシステムと連携・連動させてきた実績がたくさんあります。その経験とノウハウで、業務の効率アップ、生産性アップ、問題解決のお手伝いができます。
ぜひ、ご相談ください。

EDI(電子データ交換)

EDI (電子データ交換)受注や出荷指示、内示データの取り込みや、納品データの送信など、取引先とのデータ交換を、EDI(電子データ交換)といいます。
得意先、取引先のコンピュータシステムがEDIに対応している場合は、データをそのまま取り込むことができるので、受注入力などが大幅に省略できるようになります。IT(ICT)経営時代の生産性向上には、もはや「必須」といえる仕組みです。 PROKANは、EDI基本モジュールを装備していますので、 比較的簡単なカスタマイズで各社のEDIに対応できます。



ハンディーターミナル

ハンディーターミナル(無線・バーコードスキャナ) 簡単操作で、丈夫で扱いやすく、リアルタイムでやりとりできる、無線ハンディターミナルは、生産管理システムの重要かつ強力なツールです。
情報検索もできるので、在庫検索や、受注状況、入荷・出荷状況、前工程の状況などを、その場で見ることができます。(無線機能のないバッチ式にも対応できます)
当社では、KEYENCE製のハンディターミナルを推奨していますが、多くの他社製のハンディターミナルにもカスタマイズで対応することができます。



ラベルプリンタ

ラベルプリンタいまや、生産現場になくてはならないツールの1つ、ラベルプリンタ。高速にラベル(シール)を印刷します。オンデマンド(必要なその時)に印刷でき、たとえば、ハンディーターミナルと連携して、商品ラベルや現品ラベルを発行したり、出荷入力と連動させて、出荷ラベルや梱包明細を印刷できます。
ラベルにはバーコードや二次元コード(QRコード)を印刷することが多く、後工程や在庫管理、出荷の効率アップに繋がります。当社ではサトー製のバーコードラベルプリンタを使用しますが、他社製のラベルプリンタも、カスタマイズで対応することができます。


モバイルプリンタ

モバイルプリンタハンディターミナルやタブレットと組み合わせ、その場や移動先で現品票などのラベル(シール)や納品書などの伝票を印刷することができます。
たとえば、在庫管理では、ハンディターミナルでの入庫処理と同時に現品ラベルを印刷して、その場で貼り付けることができます。在庫管理の効率アップに加え、入庫ミスや誤品防止などの効果が期待できます。


タブレットPC・タッチパネルモニタ

タッチモニタ (PC)タブレットPCや、PCに接続して使うタッチパネル式のモニタなら、タッチ操作で、とても簡単に検索や入力ができます。検査入力や加工記録、受入窓口や、現場での情報検索など、現場や倉庫の効率アップに効果的です。
当社では、そこで使いたい業務と、タッチ操作に合った、専用の画面をカスタマイズで作成します。バーコードスキャナとの連携も可能です。



ドキュメントスキャナ

ドキュメントスキャナ図面や注文書などを、その場でファイリングできます。ドキュメントスキャナは、大量で高速スキャンが可能で、事務系の業務効率を格段にアップさせます。
生産管理システムPROKANでは、受注データにひもづけしてイメージの保存管理ができます。


二次元バーコード(QRコード)

QRコード二次元バーコード(QRコード)は、通常のバーコードに比べて、1個のバーコードに多くの情報を持たせることができます。たとえば、受注・発注情報や、製品(商品)情報、出荷情報などを持たせることができ、通信を使わずに紙の状態でデータをやりとりすることができます。バーコードスキャナとモバイルプリンタだけで、サーバーやデータベースなどを介せずに、納品書などを印刷したり、在庫品の情報を得ることが可能です。また、QRコードは汚れに強いため、指示書や伝票が汚れやすい製造現場に向いています。


レーザーマーカー、IJP(業務用インクジェットプリンタ)

レーザーマーカーレーザーマーカー、IJPは、製品や梱包資材に直接、刻印や印刷ができる装置です。レーザーマーカーはレーザー刻印によって、IJPはインクジェット印刷によって、製品やパッケージなどに直接印字ができ、製品シリアルNoや、ロットNoなど、管理に欠かせないIDとなる情報を、半永久的に印字できます。
二次元バーコード(QRコード)の印刷や刻印も可能なので、今後必要とされる、将来にわたるトレーサビリティの向上、製品管理、品質管理、システム連携による顧客管理などを行うことができます。


ICタグ

ICタグICタグは、非接触で読み取りができます。離れた場所からの読み取りや、移動中の読み取り、複数のタグを同時に読むことも可能な製品もあります。コンベア上での自動読み取りも可能で、入出庫管理や入退室管理、移動する設備の管理などに向いています。ICタグに、検査の合否や数量を書き込むことも可能です。紙などのラベルと異なり、繰り返し使えるのもメリットです。


スマートフォン、(スマホ・携帯電話)

携帯電話スマートフォンや携帯電話で、バーコードの読み込みやデータ入力を行い、システムと連携させることができます。携帯メールをシステム(サーバー)で受信し、自動処理を行うことができます。たとえば、外出先からの報告メールの処理などを自動化することができます。


電子はかり、電子天秤との連動

電子天秤 手間のかかる計量と記録を、システムと連動させて自動化することができます。計量機器にもよりますが、乗せるだけや、ボタン1つで計測と記録ができる場合もあります。もちろん、PCやハンディ側でも操作可能です。
計量と同時に、重量による計数や、合否判定、出荷処理などもできます。ラベルプリンタと連携すれば、重量を記載した製品ラベルや検品ラベルも発行できます。



各種表示器、パトランプ連動

表示灯 (パトライト) 生産管理の情報を、光や音で見える化します。パトランプや、数値が表示できる表示器、ブザー、サイレンなど、あらゆる表示器や警告灯などと連動できます。たとえば、遅延発生、トラブル、出荷データ受信などを知らせることができます。
光や音だけでなく、音声で知らせることもできます。


電子ペーパー

電子ペーパー指示書、図面、現品ラベルなどを、電子ペーパーに置き換えることで、従来紙で出力して、差し替えたり、張り替える手間を削減できます。現場に設置したり、個々で持ち歩く電子ペーパー機器に、データを送り込めるので、ピンポイントで指示や表示ができます。 表示中はほぼ電力を使わないので、長期間掲示したままにしておけるのもポイントです。



デジタルペン

デジタルペン 書いただけで、その場でデータ化されるペンです。規定の位置のチェックや、数字の認識もできるので、チェックリストや記録書などの電子化に向いています。描いた絵もそのまま取り込めるため、絵図の手書きが必要な打ち合わせや記録をデータ化することもできます。 アンケートや申込書などにも応用できます。